top of page

就活期突入!

こんにちは。就労移行支援meray利用者のハリボーです。

めっきり寒くなってお鍋が美味しい季節ですね。


ブログが1ヵ月と少し空いてしまいましたが、実はその間、私は初めての“職場体験実習面談会”に行っておりました!

今回は就職期と面談会についてざっくり書いていこうと思います。



私たち利用者は、体力作りやセルフケア、自己理解などのピラミッドの土台の部分(merayHP支援とプログラム項参照)がしっかりしてくると、“就職期”に入ります。

就職期は、言葉通り就職のために活動する期間です。

就職期に入るまでの期間は個人差がありますが、私の場合1年2ヶ月の時点でした。

不安な気持ちもあったのですが、スタッフさんと話し合い、「今月は実習に行くためになんらかのアクションを起こそう!」と決めました。



実習のためのアクションとして、まず、PCプログラムの時間を使って実習を受け入れしている企業様について検索し、比較しやすいよう表にしました。

「特例子会社」「企業理念」「ステークホルダー」……。

初めて知ることが沢山あって困惑していましたが、検索とまとめを繰り返すうちに段々と勝手が分かるようになってきました。


次に、申込希望票に希望の企業を書いて、期限までにスタッフさんに提出します。

それからはスタッフさんが、大人気のチケットを取るがごとく、端末を華麗に操り、面談を取り付けてくださいます。

おかげさまで、希望していた全ての企業と面談ができることになりました。


その時点で、面談まで残すところあと2週間!

提出書類の準備、面接用の服の購入、面接練習と、最初はやることが多くて頭がパンクしそうだったのですが、毎日着実にこなせば間に合わないことはありません。

不安な気持ちはスタッフさんにたくさんお話しさせていただきつつ、面接練習は3回もしていただきました。毎回アドバイスとして直した方がいい箇所を教えていただけるのは本当にありがたかったです。

……実は気負いすぎて途中ダウンしてしまったのですが(笑)、1回ダウンしたことでかえって肩の力が抜けたようでした。

頑張ることも大事ですが、それと同じくらい自分を休めてあげる時間は大切なんですね。


そして、本番当日。

会場までスタッフさんと移動し、待合室で待機、からの面接です。

緊張や不安はありましたが、たくさん練習したのだから、練習通りにやればいいだけ! と言い聞かせました。

面接は15分間と短めなので、あっという間に過ぎました。

2日間にかけ、計3社の面接を無事受けられました。


実は面接には若干のトラウマがあった私ですが、こうやって前向きに取り組めるなんて。と自分で自分に驚きました。


それからは、合否を気にしてナーバスになる日々が続き、認知行動療法をしたり周りにお話ししたりして耐え忍びました。

そして……


結果は、1社様に実習を受け入れてもらえることになりました!

2週間頑張ってよかったです。

実習も気負い過ぎず、自分の実力を発揮できればいいなと思います。


私の他にも2人就職期の利用者さんがいて、情報共有するなど協力し合えますし、スタッフさんもいつでもお話を聞いてくださるので、心強いです。

1人では無理なことも、サポートしていただきながらだと出来るんだなと日々実感しています。

これからも周りのお力を借りながら、嬉しい驚きを体験していければと思います(^^*)




パニック障害、不安障害、うつ、統合失調症、発達障害などで、「働きたい」けれど「働けない」と困っている方が、「働ける」ようになって自分の力で生きていくためのお手伝いをしています。

安心できる場所です。自分を取り戻しにきてみませんか。

見学・体験利用をお待ちしています。


見学・お問い合わせはこちらから


「me(私に)ray(光)はある」

希望を持って、光ある未来へ向かって。


0件のコメント

最新記事

すべて表示

Komentáře


bottom of page