merayのアロマ

こんにちは。就労移行支援meray利用者のハリボーです。


梅雨が明けて蚊を見かける機会が増えた気がします。

たまに厚いはずのジーンズの上からも刺されることがあって、蚊の執念を感じます。

(蚊も、我が子のために必死なのでしょう……)


皆さんは、蚊に刺された時どうしますか?

市販のかゆみ止めを塗られる方、軟膏を塗られる方、様々かと思います。

実はこんな時、merayではアロマを塗るのです。

不思議ですよね。


今回はmerayで日常的に使われるアロマについてお伝えします。



HPでも書かれている通り、merayでは積極的にアロマテラピーを取り入れています。

ストレッチの前に、有資格者の支援員さんと一緒に今日の体調と気分に合わせたアロマを選んだり、少し具合が悪いなと感じた時に支援員さんに声を掛け、使わせてもらったりします。

通所し始めた当初は、「なんだかオシャレだな~」なんてぼんやり思っていたのですが、何か月か通所するうちにアロマを使うのが当たり前になり、もはや日常の一部になっています。


呼吸が苦しい時は、イージーエアー。

刺し子中に針で指を刺してしまったら、ラベンダー。

頭や肩など痛い箇所に、ペパーミント。

講義の合間の休憩時間に、アースリズム。

女性特有の不調には、ゼラニウム。


段々とアロマの種類と効果を覚えて、使い分けています。



merayで使っているアロマで、一般のアロマと違うのは、皮膚に直接つけて塗る事が出来るという点です。

一般的にアロマオイルは特定のもの(ラベンダーなど)を除いて、そのまま皮膚に付けることは想定されていません。

しかしmerayで使っているアロマは塗布可能なので、各々好きな箇所に塗って活用しています。

好きな香りを首筋などに塗って深呼吸すると、それだけで体も心も解きほぐれていくのを感じます。


調子が悪い人が多い日は皆がアロマを使うので、meray中がいい香りでいっぱいになります。

merayならではの素敵な空間です。

(嗅覚の敏感な方がいらっしゃる時は、もちろん配慮します!)



特に私がお世話になっているアロマオイルはペパーミントで、頭痛の時に毎回のように使っています。

以前は鎮痛剤を服用してばかりだったのですが、大分飲む頻度が減り、私の胃も負担が少なくなって喜んでいそうです。笑

鎮痛剤を飲み続けていると、頭痛が悪化・慢性化することがあるらしく、このアロマとの出会いには本当に感謝です。




パニック障害、不安障害、うつ、統合失調症、発達障害などで、「働きたい」けれど「働けない」と困っている方が、「働ける」ようになって自分の力で生きていくためのお手伝いをしています。

安心できる場所です。自分を取り戻しにきてみませんか。

見学・体験利用をお待ちしています。


e-mail: info@meray.co.jp  Tel: 042-316-1256


「me(私に)ray(光)はある」

希望を持って、光ある未来へ向かって。

0件のコメント

最新記事

すべて表示

夏の農業