鬱の方、不安障害やパニック障害の方も、一緒に革小物を作ってみませんか。

久しぶりに、就労移行支援merayのブログです。



 最近は、冬になってもなかなか寒くなりませんが、さすがにそろそろちゃんと寒くなって来ました。そして、クリスマスや年末が近づいてきました。ちょっと戦々恐々としてきました。



 いつもお昼の時間にはYouTubeのBGMチャンネルで音楽を流しているんですが、12月になってクリスマス音楽の静かなBGMがあったので流してみたら「蛍の光」がかかってしまい、最近就職が決まって近々卒業する利用者さんが居るので、卒業式と重なってちょっと淋しくなったりしました。でも、良いことですからね。穏やかな未来が待っているといいなと思います。



 さて、なかなかブログが書けないでいるうちに大分時間が過ぎてしまいました。季節は秋だったので、農業でもいろいろと楽しいことがあってそれも書きたいのですが、今回は革小物のプログラムです。


 これを書いているのが12月6日(月)で、明後日12月8日(水)に東小金井の商工会ギャラリーで販売があります。それに合わせてレジンアクセサリーや刺し子の作品などをまとめているのですが、今回はその中に革小物が少し加わります。


 革小物も、イベントがあるとその時完成している分だけ販売するというようなことをしてはいるんですが、なかなかその機会もありません。それでも何か役に立つ良いものはないかと日々考えていて、今回は以前からあったものをリニューアルして販売することとなり、少し手を加えて作ってみたのが下の写真のアロマペンダントです。



 小さな瓶の中に綿などを入れてアロマオイルを浸み込ませ、それをこの革のペンダントの中に入れておきます。



 アロマと言うと主に女性が使うイメージなのですが、実は男性にもとても効果的なものです。パニック発作など抑えるための備えとしても十分に期待できます。なので、このペンダントは敢えてやや武骨に、アロマとは縁のなさそうな男性でもさりげなく提げていられるといいなと思って作っています。



 他にもちょっとした小物入れになりそうなものも今回は作っています。



 あまり時間が取れなくてなかなか進められない革の作業ですが、事業所が出来たばかりの頃に製作の基本を教えてくれた職人さんにも、まだちゃんと続けていますよということが伝えられたらいいなとちょっと思っています。



 merayは精神障害の方の就労移行支援ですが、革小物の製作は始めるととっても夢中になれて無心になって出来るので、刺子やレジンアクセサリー作りと同じく、思考のループで疲れた脳がとても休まります。お薦めです。




 こんなものも作っています。






 繰り返しますが、merayは就労移行支援です。こういう無心になって出来る作業だったり、アットホームな雰囲気の中でスタッフや他の利用者さんと穏やかに話せたりすることで、徐々に精神的にも安定していくことが出来ます。まずそれがあってから、コミュニケーションのスキルアップやPC操作や販売などの練習をすることが大切だと思っています。

 以前、他のブログにも書いたと思いますが、PCの練習や販売の練習など職業的な練習だけで安定して働いていけるなら、その人に必要なのは「就労移行支援」ではなく「職業訓練」です。「就労移行支援」で必要なのは、仕事をする空間で人とうまく接することが出来たり嫌だなと思うことを受け流すことが出来たりするスキルや、「まあいいや」と思えるような「気持ちの持って行き方」のようなものを身に着けられることだと思います。

 その最初の練習として、就労移行という新しい空間で無心になって過ごせる「クラフト作業」はとても有効な良いものだと思っています。


 もしあなたが働く為の練習を必要としている精神的に辛い方なら、この空間に来てみてください。まずは安心しましょう。そして楽しさを思い出しましょう。




ニック障害、不安障害、うつ、統合失調症、発達障害などで、「働きたい」けれど「働けない」と困っている方が、「働ける」ようになって自分の力で生きていくためのお手伝いをしています。

安心できる場所です。自分を取り戻しにきてみませんか。

見学・体験利用をお待ちしています。


e-mail: info@meray.co.jp  Tel: 042-316-1256


「me(私に)ray(光)はある」

希望を持って、光ある未来へ向かって。

0件のコメント

最新記事

すべて表示

こんにちは、就労移行支援 meray のブログです。 2021年最後の通所は大掃除でした。 利用者さんもスタッフも一緒に、それぞれ受け持った場所を掃除し、ところどころお互いに声を掛け合い連携を取りながら、とてもスムーズに楽しく掃除することが出来、綺麗になった meray で新しい年を迎えることが出来るようになりました。 今年も色々あり、皆さんそれぞれ悩みながら通所したこともあったと思いますが、ちゃ