焦らずに。穏やかな時間こそが回復への時間、本当の近道です。

更新日:4月6日

こんにちは、就労移行支援 meray のブログです。



春になりました。


 花粉症などで大変な方にとっては喜んでもいられない季節ですが、暖かくなってきたのはありがたいことです。



 さて、暖かくなってくると、朝のボディワークの時間に散歩をしてくることが多くなります。日の光を浴びて、皆で楽しく会話をしながら、近くの川を歩いて大きな公園まで一時間程かけて往復してきます。

 それだけでも穏やかで楽しい時間なのですが、川沿いに花が咲いている季節には、そこにお花摘みが加わります。



 meray のクラフトプログラムでレジンアクセサリーを作ることがあり、その材料になるのが自然の植物なので、散歩の時間がちょうど良い採集の時間になります。


 とてもまったりした時間で、ゆっくり歩きながら花を探していると、様々な色が目に飛び込んできます。急がず焦らず、とにかくゆるりとしてみます。


 就労移行を利用する方の多くは、とにかくパソコンを練習して、すぐにでも働きたいという方が多いのですが、実はこういうゆっくりとした時間こそが脳を回復に導き、安定して働ける状態へも導いてくれます。


 また、働く為には、毎朝起きられること、夜眠れること、調子が落ちる兆しに気付けること、調子が落ちた時にどうすれば良いか分かっていること、自分にはどんな手助けが必要なのか分かっていること、などなど、パソコンの前に必要なことが沢山あります。そして、これらを解決せずに就職しても、働き続けるのはとても難しいかなと思います。


 家庭の事情や経済的な理由など、事情は沢山あると思いますが、長い人生の中のほんの数ヶ月から二年間を回復と安定のために使ってみても良いのではないかなと思います。

 その合間に、パソコン他の働く為のスキルもぼちぼちと身に着けて行ければ良いかなと思います。



 さて、摘んできた色とりどりの花たちです。





 この花たちを一旦そのままシリカゲルに埋め、数日待つとドライフラワーが出来上がり、それがとてもかわいいアクセサリーに生まれ変わります。


 散歩と花の収集という、この季節にはよくあるどうということも無い日常なのですが、こんな穏やかな時間を積み重ねていくことも、社会で働く為の回復と安定へ向かうとても大切なことだと実感しています。





パニック障害、不安障害、うつ、統合失調症、発達障害などで、「働きたい」けれど「働けない」と困っている方が、「働ける」ようになって自分の力で生きていくためのお手伝いをしています。

安心できる場所です。自分を取り戻しにきてみませんか。

見学・体験利用をお待ちしています。


e-mail: info@meray.co.jp  Tel: 042-316-1256


「me(私に)ray(光)はある」

希望を持って、光ある未来へ向かって。

0件のコメント

最新記事

すべて表示