やっと来た! ついに来た! 待ちに待った農業の季節がやってまいりました。

こんにちは、就労移行支援 meray のブログです。



 9月になるあたりから涼しい日が続いていますね。中には寒い日まであって、でも絶対にまた暑くなるんですよね。最近のこの気候に付いて行くのはさすがに大変です。



 さて、9月に入ると、 meray では待ちに待った農業が再開されます。真夏の暑い時期は、さすがに身の危険すら感じるので休止していますが、この時期から再開されます。


 火曜日と木曜日の午前中に作業をしているので、本当なら9月2日の木曜日から再開したかったのですが、ちょうど前日から当日にかけて雨が降ってしまい、その状態で畑に入ってしまうと畑を痛めてしまうので、その次の火曜日、9月6日から再開となりました。


 もちろん、夏の間は休止といっても農園主さんは作業をされているわけで、とても日差しの強いこのひと月の間に畑の植物たちは見事なぐらい成長して、別世界のようになっていました。



 今年の春、三月頃に植えた中にルバーブとレモングラス、それとハヤトウリがありました。


3月18日、植える前のポットに入ったルバーブの苗。


植えたルバーブ。なんか可愛くて好きな写真です。


3月25日に植えたレモングラス。見た目はハーブとは思えませんね。


5月25日。右から二列目がルバーブ、その左がレモングラス。その左はジャガイモです。レモングラスは何かが植わっているのが分かる程度ですね。



 そして、作業再開して目にしたルバーブとレモングラスは、こんなでした。


9月7日のルバーブとレモングラス


 ルバーブもかなり大きくなっているんですが、ぱっと見にはあまりピンと来ないかもしれませんね。でも、その向こうのレモングラスが、モジャモジャです。


 前の写真が5月の末位なので、約三ヶ月でこんなです。暖かい季節とはいえ、すごいですね。植えた時は、茶色くてぱさぱさしていて、「枯れてるんじゃないの?」って思っちゃうような見た目だったんですよね。すごいもんです。ハーブティー何杯飲めるんだ? って感じです。



 もう一つ、3月30日にハヤトウリを植えています。


 こんな風に、支柱の横に一つひとつ植えていきました。その後も作業のたびに見ていましたがあまり変化が無く、「大丈夫なの?」って思ったりしていました。


 それが今回、こんなことになっていました。

 これ、どうなっているか分かりますか?

 この、何かを覆いつくしている葉っぱ。これがさっきのハヤトウリです。



 近づいて、覆っている中を見てみます。



 なんでしょう? 幻想的とでもいうんでしょうか? とっても綺麗です。


 ちょっとだけ奥へ。


 見とれちゃいましたね。それに、なんか住めそうです。


 天井の方を見上げてみました。



 植物ってすごいですよね。

 とっても心地よい緑でした。



 再開して最初の作業は雨で流れてしまいましたが、その次の作業日は、強い日差しも無く涼しく心地よく、とても穏やかに作業することが出来ました。

 そして、今回から新たに参加される方も、とっても良いスタートダッシュを切ることが出来ました。色々に感謝です。


 作業の合間のお茶タイムも再開し、またしばらくの間、土や緑に触れながら楽しく農作業をしていけそうです。



 今度は、秋になるのが待ち遠しいです。






パニック障害、不安障害、うつ、統合失調症、発達障害などで、「働きたい」けれど「働けない」と困っている方が、「働ける」ようになって自分の力で生きていくためのお手伝いをしています。

安心できる場所です。自分を取り戻しにきてみませんか。

見学・体験利用をお待ちしています。


e-mail: info@meray.co.jp  Tel: 042-316-1256


「me(私に)ray(光)はある」

希望を持って、光ある未来へ向かって。


0件のコメント

最新記事

すべて表示